三井住友銀行カードローンは借り換えとして利用することも可能です。三井住友銀行カードローンの商品説明を少し見れば分かることなのですが、まず金利が消費者金融と比較すると低めです。最大金利だけを比較しても、消費者金融の場合は18%くらいでしょうが、三井住友銀行カードローンの場合は15%程度です。3%の金利差というのは、例えば30万円を1年間借りた場合は9000円の違いになって現れてきますから、それなりに大きいわけです。
三井住友銀行カードローンが借り換えに向いているもう一つの理由は、融資限度額が高いことです。一般的な消費者金融ではせいぜい500万円くらいですが、こちらの限度額は800万円まであるからです。
この2つの理由により、他社、とくに他の消費者金融から借りているお金を、三井住友銀行カードローンで借りたお金で全て返済してしまう、いわゆる借り換えをするメリットは大きいのです。ただし、注意しておくべき点があります。それは、他社からの借入件数が多いと、借り換えの審査に差し支えるおそれがあることです。1件や2件程度であればおそらく問題になることはなく、十分に借り換えが可能でしょう。しかし、3件以上もの借入がある場合、いわゆるおまとめをしようとすると審査に差し支える可能性も十分にあります。
このような場合は、できるだけ他社借入の件数を減らした上で三井住友銀行カードローンに申込むようにすることがよいでしょう。

三井住友銀行カードローンがおまとめローンとしておすすめの理由とは?はこちら

Comments are closed.

Post Navigation